モンスターカレンダー

« 2012年5月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

トラリピEAはトレーディングポイントで

| コメント(0) | トラックバック(0)

トレード毎にキャッシュバックされる超お得なサービス
ファイルキャッシュバックについての記事はこちらです。

 

 

現在トラリピEAを稼動させている業者はトレーディングポイントになります。
そのトレーディングポイントを選んだ理由や口座開設方法などをメモ。
 


0)はじめに

トラリピの特徴としていくつものポジションを保有し続ける可能性があるため
1000通貨単位では資産が少ない私の場合、すぐに破綻してしまう恐れがありました。

破綻を防ぐにはトラリピの範囲を狭くしたり、
トラップ本数を減らしたりすればいいのですが
幅広いレンジに満遍なくトラップを仕掛け完全放置するスタイルを望んだため
100通貨単位でトレードする必要がありました。

そのため100通貨に対応しているIFCマーケットか
トレーディングポイントの2社に限られました。


1)トレポの理由

※現在TradingPointはXEMarketsへと変更されました。
 以下トレーディングポイントは
XEMarketsへと読み替えてください。

やはりトレードする以上、
スプレッドが狭いほうがいいのですが両者はほぼ同じでした。

そうなるとキャッシュバックを利用できるかどうかがカギとなり、
ファイナルキャッシュバック経由でキャッシュバックが利用できる
トレーディングポイントを利用するほうがお得という結論に達しました。

また、トレーディングポイントには以下の特徴があります。

a) 初回入金で20%のボーナス
b) 入金のたびに10%ボーナス
c) 入出金手数料無料
d) 3ヶ月に1回程度 特別ボーナスキャンペーン

a、bはトレード数に応じて出金できるお金になりますが、
皆さんご存知の通りロット数が多く、ほとんどの場合は出金することはできません。
しかしトレード時の証拠金にはなるので非常にありがたいです。

cですがクレジットカードの手数料も負担してくれるようなので非常に便利です。
10万円入金しても手数料を負担してくれるおかげで、
口座には10万円ちょうど入金されます。

dは結構強力ですべての入金に対し50%ボーナスなんかのキャンペーンも不定期で行っています。


2)口座開設方法

海外業者だからといって面倒なことはありません。
詳しい申し込み方法はファイナルキャッシュバックという
リベートが受け取れるサイト経由で申し込めば、
お手軽+トレードするたびにキャッシュバックがもらえます。


キャッシュバック率はトレードポイントを参考に計算すると
1日あたり1000通貨×10回で年間あたり12096円のキャッシュバックとなります。
(ファイナルキャッシュバック内で自動計算できるので色々試してみてください)



▲申し込みはこちらから


さて、いざ申し込もうとすると開設口座にはノーマル(リベート率)、フルサポート、
アカウントコピーツールと3つに分かれていて、なんの事??と
頭にハテナが浮かんでくると思いますので少し補足します。


フルサポートとは?
海外FXが初めての方や忙しくて時間がない方でも、
手軽に安心してご利用頂けるフルサポートサービスです。
具体的には、以下のサポートになります。
・ユーザー登録後のFX口座開設、口座認証手続きの代行
・FX業者に関する質問へのメールサポート対応
・FX業者のサービス内容変更時にお知らせメール配信

少し英語に抵抗があったりする方はこちらがお勧めですが、
開設マニュアルは日本語なのでキャッシュバック率の高い
ノーマル口座開設を頑張って開設してみては如何でしょうか?

なんせその為にファイナルキャッシュバックを利用しているのですから!


アカウントコピーツールとは?
MetaTrader4に対応したアカウントコピーツールを自由にお使えます。
アカウントコピーツールは、特定のFX口座での取引を別のFX口座で行うことができるツールです。
その分、通常口座よりリベート率が下がるんですね。


簡単に口座の説明をしたところで次は業者自体の開設方法です。
ファイナルキャッシュバックには業者ごとの口座開設マニュアルと
入出金マニュアルがあるのですがすこし場所が分かりにくいのでリンクを貼っておきます。
口座開設マニュアルと入出金マニュアル


トレーディングポイントの場合、口座開設までは本人確認書類はいらないのですが
入金時に必要になるので事前に準備しておきましょう。

必要なものは以下の2点になります。
・身分証明書:パスポート、運転免許証のいずれかひとつのコピー
・住所証明書:住民票、公共料金の請求書いずれかひとつのコピー


あとはマニュアルに従えばすぐに口座開設できます。

※100通貨でトレードしたい場合は取引口座詳細の口座タイプを
"マイクロ"にすることをお忘れなく。


3)入金

クレジットカード、銀行送金、MoneyBookers、Neteller、WebMoneyなど入金方法は多彩です。
私の場合はPaypalに対応していればPaypalで入金したいのですが未対応のため
ファイナルキャッシュバックのマニュアルのお勧めであるクレジットカード入金しました。

その際ですが、注意点が1つあります。
下記のように入金額と回数に制限があり、最初に20万円を入金しようとした場合
私はエラーではじかれてしまい、うまく入金することができませんでした。

当時は理由がわからなかったのでサポートに問い合わせたら入金の制限があることがわかり
10万円を入金したら、スムーズに入金することができました。

みなさんも入金できない場合は、まず金額を疑ってみてください。

====================================================================================
・1日目:最大3回のご入金、最大合計額2,000米ドルまたは同等額まで可能。
※20万円でエラーだったので1米ドルは当時のレートを示していると思われる。
例)1米ドル=80円なら16万円まで
・2日目?14日目:2週間、最大15回まで、最大合計額50,000米ドルまたは同等額まで可能。
注)2日目とは、初回入金より24時間経過した日を指します。
====================================================================================


4)出金

出金処理はスムーズです。
WITHDRAWALから出金方法と出金額を入力すればすぐに出金処理されます。

クレジットカードの場合は出金処理されてトレーディングポイントから
クレジット会社へ出金されても自分のところにはすぐには戻らず、
しばらくたってから戻ってきます。
(クレジット会社によって日数は違いますが、月単位での時間を要する場合があります。
 出金の際はゆとりを持って手続きをすることをお勧めします)

 

目指せ300円!記事を読んだらマスオ君に清きワンクリックをお願いします

ブログ為替レート
ブログランキング・にほんブログ村へ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.laugh-maker.com/MT/mt-tb.cgi/777

コメントする

MT42BlogBetaInner

リアル収支結果

ヘッジトレーディング収支


Camusin_Caride収支


オリジナルEA月別収支


オリジナルEA設定

FXメッセ 年間収支

  • 2013年 -\88500(\80万運用)
  • 2012年 +\58000($4000運用)
  • 2011年 +$2039($3000運用)

トレードメッセンジャー収支
2009年9-12月
合計収支 -600,000円

pagetopへ